スケジュール
  • [TOP]  
  • [レディース] 非公開
ホーム > お知らせ > 『アオアシ』作者 小林有吾先生 スタジアム広告(バックスタンド側ビッグバナー)協賛のお知らせ

『アオアシ』作者 小林有吾先生 スタジアム広告(バックスタンド側ビッグバナー)協賛のお知らせ

TOP NEWS

2020/02/23

この度、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて「アオアシ」を連載中の漫画家 小林有吾先生が、愛媛FCのホームゲームの際に、バックスタンド上部に掲出する「ビッグバナー」に協賛をいただけることとなりましたので、お知らせいたします。

小林先生は愛媛県出身で愛媛FCを10年以上応援いただいております。これまでも様々な形でチームをバックアップいただいておりましたが、監督やスタッフと直に話す中で熱意を感じていただき、さらなるご支援を決めていただきました。

昨シーズンも掲出しておりました、「アオアシ」に登場する「青井葦人」と「一条花」に加えて、今シーズンより「福田達也」と「海堂杏里」が愛媛FCユニフォームを纏うデザインのビッグバナーが追加となり、合計4枚のアオアシビッグバナーがニンジニアスタジアム内で掲出されます。

このバナーに込められた想いと共に、愛媛FCは選手・スタッフ一丸となって、2020シーズンを全力で戦い抜きます。

小林有吾先生コメント

愛媛FCを応援することは、苦しいことも多いと思う。
J1を目標に掲げても、伴わない成績。選手は上に引き抜かれてしまう。スタジアムの問題。観客数が少ない…とても小さなクラブ。
僕たち愛媛FCのサポーターは、そんな不安を抱えながらも一旦それを置いて、目の前の試合を懸命に応援する人達なのだと思う。
去年の12月。川井監督、青野アカデミーダイレクター、赤井レディース監督、スタッフの田村さんと5人でお話する席をいただいた。それだけでも漫画家には本当に過ぎたことですが、その上で、僕が不安に感じていることを思いきって話した。
素人である自分に対して曖昧に答えることもできたはずなのに、川井監督をはじめ、真直ぐに、熱意を持って話してくれた。素晴らしい時間だった。
それを聞いて、やっぱり僕はこのクラブが好きだし、愛媛FCに色んなものをもらったし、感謝と共に応援したいと。その場で決断することができました。

新しいビッグバナーのデザインについて。ヒロインはともかく、プレイヤーについては愛媛にゆかりあるキャラクターが良いと思い、本編でまだちゃんと描いてない福田達也監督の現役時代を描き下ろさせていただきました(プレイヤーナンバーは経歴のモデルとなった福田健二さんの愛媛FC在籍時の番号です)

僕が愛媛FCに突き動かされたとするなら。愛媛FCにはそれだけの力が、少なくとも僕にとってはあった。ならきっとまだ見ぬたくさんの可能性を、このクラブは秘めていると思います。

2020年のシーズンが始まります。楽しいことも苦しいことも、この目で見届けようと思います。皆さん、ぜひニンジニアスタジアムへ!

小林有吾先生 プロフィール

愛媛県出身。週刊ビッグコミックスピリッツ「アオアシ」を連載中。講談社「月刊少年マガジン」にて『水の森』『てんまんアラカルト』を連載。その後、「月刊!スピリッツ」にて高校の映画部を題材にした読切シリーズ『ショート・ピース』を発表、大好評を博す。『アオアシ』が初の週刊連載となる。現在、「月刊少年マガジン」にて『フェルマーの料理』も連載中。

アオアシ作品紹介

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)は、ある日、Jリーグのユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)と出会う。粗削りながら、無限の可能性を秘めたアシトを、福田は自チームのセレクションに誘い!?日本のサッカーを変えることになる少年の運命は、ここから、急速に回り始める―――!!
これまで漫画で深く描かれることのなかったJリーグの下部組織「Jユース」の世界に光を当てた新しいサッカー漫画。王道で、胸が熱くなること間違いなしのストーリー。「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載中。コミック①~⑲巻発売中。マンガ大賞2017第4位。第65回小学館漫画賞受賞。

PAGE TOP